興行ビザの申請について

なにが興行ビザにあたるのか分からないという方が多くいらっしゃると思います。実際に興行ビザでホステスとして接客させていたとして摘発されたという事例もあります。最初にこのビザを見たときは外国人の芸能人を呼ぶときに必要なものか、あまり関係ないかなと思っていました。しかし、それだけではなく色々な場面で興行ビザが用いられます。では、具体的にどの範囲が興行ビザになるのでしょうか?

興行ビザの該当範囲

イベント等の出演者

施設において公衆に対し演劇、演芸、演奏、スポーツ、サーカスなどのショーのようなものを見せたり聞かせたりする方は興行ビザに該当します。

イベント等の裏方の人たち

例えば演劇一つやるにしても出演者のみで演劇は成立しませんね。演劇の指導者や演劇の監督、演劇の為に必要な小道具などなど多くの人が関わって初めて成立します。この方たちのビザも興行に当てはまります。

ここが注意点

一番基準となるのが「公衆に聞かせ又は見せることを目的とする」ことです。これに当てはまれば興行ビザになります。音楽の指揮者など芸術ビザに該当しそうですが公衆に聞かせ又は見せることを目的としてるので興行ビザに当てはまります。

興行ビザの審査基準

公衆に聞かせ又は見せることを目的としているのであればだれでも興行ビザを取得できるわけではありません。それには一定の基準をクリアしておかなければ100%申請が通る訳がありません。その審査基準は全て公開されいてる訳ではありませんし、ここで書くと膨大な量になりますので一部紹介いたします。

また、それぞれの基準は状況によって違います。興行ビザはそういった部分がかなり分かりづらく説明しにくい部類です。あくまでも参考にしていただき、分からなければ弊所に問い合わせください。

経験があるか?

申請人が演劇、演芸などの興行活動を行う場合は2年以上の経験又は教育機関での2年以上専攻していることが必要です。ただ、1日につき500万円以上の報酬があるのであれば必要ありません。また、興行と一言で言っても色々な環境があります。外国料理店で演奏をするのであれば他の要件が絡んできます。ハッキリ言って分かりづらすぎますね。(笑)

契約相手方の基準もある

上で少し触れましたが外国料理店で演奏するという場合は外国料理店自身の基準があります。それは外国人の興行に係る業務について合計で3年以上の経験がある経営者がいることや、人身取引に関わっていないということであったりします。人身取引に関わってたという方は少ないかもしれませんが、中々基準が厳しかったりするものです。

基準がクリアできない場合

色々な基準がありますが一概に全てをクリアできるという訳ではないでしょう。その場合は報酬基準を満たせば要件を満たさなくていいようになっていたりします。こればかりは一つ一つの具体的案件を精査しなければなんとも言いようがありません。何が言いたいかというと諦めるのは早いかもしれません。

興行ビザ申請から取得までの流れ

在留資格認定証明書の申請

興行ビザを取得する為には在留資格の申請をしなければなりません。この申請書を記入すればいいのかという簡単な話ではなく、どの基準で申請するかを検討し書類を準備しなければなりません。

例えば、営業許可書の写しや施設の写真、決算書及び法人税申告書の写し、登記簿謄本などどこでなにをするかで変わってきます。しっかりと立証資料を集めて審査をしてもらいましょう。基準に適合しているのであれば在留資格認定証明書が発行されます。

海外に郵送する

在留資格認定証明書を海外の本人に送ります。それを持って大使館に行きビザを発行してもらうことになります。代理人をたてることも可能かもしれませんが、それは大使館に問い合わせたほうがいいでしょう。原則は本人が申請し本人が受け取りに行くことになっています。

パスポートや写真なども必要になるので同時に必要書類も聞いておくといいでしょう。ビザ発行にはそんなに時間は要しませんので長くても1週間くらいでもらえるかと思います。

日本に入国

パスポートに興行のビザをもらったら終わったも同然です。あとはスムーズに日本に入ってこられるでしょう。ただ犯罪歴などがある人は別の話です。

興行ビザの申請は大変

まずは基準を満たしているか

基準を満たしているか満たしていないかの検討が大変です。何も知らない方からするとネットの情報のみを鵜呑みにする方も多く古い情報などが紛れ込んでいたりします。

ビザ申請は労力と時間との闘い

必要書類を集めたり、申請書を作成したりと中々膨大な時間がかかってしまいます。また日中しか入国管理局も空いていない為、対応が難しいのが現実です。不明な点があれば追加資料の提出が求められ、その資料をいかに早く出すかというのも非常に重要になってきます。

福岡ビザサポートセンターに任せよう

福岡ビザサポートセンターが福岡を中心に興行ビザのサポートしています。国家資格者である行政書士が在籍していますので安心して取次することが出来ます。

24時間365日いつでも問い合わせ可能ですのでお気軽にお申し付けください。