家族滞在ビザとは

家族滞在ビザとはその名の通り日本で仕事をする外国人が母国にいる妻や子どもなどを日本に呼ぶ為のビザになります。色々なネット記事に書いてあるので知っている人も多いと思いますが家族といっても両親は呼べません。両親を呼ぶ為には家族滞在ビザではなく他の在留資格を取る必要があります。

また、家族は法律的に結婚しているものに限られます。簡単に言うと事実婚などは含まれないということですね。子に関しては養子も含まれ成年になったからといって子でなくなるということはありません。

家族滞在ビザの取得要件

入管法に家族滞在ビザで出来る活動は以下の通りに定められている。

一の表、二の表又は三の表の上欄の在留資格(外交、紅葉、特定技能(二の表の特定技能の項の下欄第一号に係るものに限る。)技能実習及び短期滞在を除く。)をもって在留する者又はこの表の留学の在留資格をもって在留する者の扶養を受ける配偶者又は子として行う日常的な活動

噛み砕いて説明すると一定の在留資格の扶養を受ける配偶者又は子であれば家族滞在ビザを取得でき、そのビザでは日常的なことは出来るけど仕事はできないよってことです。

扶養を受けるという意思

この家族滞在ビザでは扶養を受けると扶養をするという関係性で成り立ちます。分かりやすい例ですと、扶養者が扶養する力があり被扶養者が年収が0円で扶養してもらわなければ生活できません。

また、家族滞在ビザでも資格外活動許可の申請は可能ですので、許可がおりれば1週間に28時間以内であれば労働活動が行えます。

家族滞在ビザに必要な書類

  • 在留資格申請書
  • 証明写真
  • 返信用封筒
  • 申請理由書
  • 旅券コピー
  • 住民税の課税証明書及び納税証明書
  • 不動産の賃貸借契約書又は登記簿
  • 扶養者の預金残高証明書

共通する書類はこのくらいになります。あとは人によりサラリーマンとして働いているのか経営管理ビザとして日本で働いているのか、留学生として日本で活動しているのかなどで必要な書類が変わってきます。

また立証する資料も入管より追加で必要と言われる可能性も十分にあります。弊所はそのようなサポートをしておりますので困っていたらすぐにでも相談下さい。

福岡に家族を呼びたい

もしかしたら、この記事を見つけたときに家族滞在ビザなら両親を呼べるのではないかと思って見た方もいるかもしれません。冒頭で説明している通り家族滞在ビザでは両親を呼ぶことができません。

しかし、特定活動ビザという資格がおりれば両親を呼ことができます。ここでは詳しくは説明しませんが、両親を呼ぶ要件は両親を呼ばざるおえない状況というのが要件だと覚えておきましょう。

家族滞在ビザならお任せ下さい

配偶者や子を呼び一緒に暮らしたいと思うのは当然です。日本ではその為の手続きや要件が必要ですのでその為にどのような書類が必要なのか、どのように書類に記入していくのかということが重要になります。

また、現在日本で働いている人の状況により必要な書類も変わってきますので複雑です。そういったことを日本で働きながら調べ、入管が開いている時間帯に申請や交渉をするというのは現実的に中々難しいでしょう。弊所ではそういった申請の取次ぎを行いますので安心して依頼して下さい。まずは電話相談は無料ですのでお問い合わせ下さい。