永住権の申請とは

永住権の申請とは正しくは「永住者」の在留資格というものにあたります。場合によっては永住ビザなど言われますが、正しくは永住者の在留資格というものにあたります。この永住権ビザを取得すれば在留期間に制限がなくなるだけでなく日本での活動が自由になります。

永住権の許可を得るための要件

素行が善良であること

日本国の法令に違反して、懲役、禁固又は罰金に処せられたことがある者は許可がおりる可能性は低いでしょう。ただし、例外として一定の期間が過ぎていれば素行が善良である要件を満たす可能性はあります。またこれだけでなく、日常生活等でも違法行為や風紀を乱すような好意を繰り返し行っていたりすると許可がおりないかもしれません。

独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること

簡単に言えば自分で生活する力があるこかということです。例えば生活保護を受給しているとなるとそれは自活できているとはいえません。またこの要件は申請人本人が自活できているかというものでなく、世帯単位で安定した生活ができているのであれば要件成立ということになります。

法務大臣が日本国利益に合すると認めたこと

日本国の利益という要件は複数から成り立ち、分かりやすい要件の一つとして10年以上日本に在留していることというのがあります。ただし、この期間のうち、就労資格又は居住資格をもって引き続き5年以上在留している事を要することになっています。

他にも納税義務を履行していることや法令を遵守していること。公益を害する好意をするおそれがないと認められることなどが挙げられます。

特例もある

上記に当てはまらなかったからダメなんだということはなく実は特例というものもあります。例えば、日本人、永住者又は特別永住者の配偶者、実子又は特別養子の方は「素行が善良であること」と「独立の生計」の要件が必要ありません。他にも配偶者であれば比較的永住権の取得が簡易に設定されています。

永住権の取得するメリット

冒頭にも書いたとおり永住権を取得すると色々なメリットがあります。永住期間がないこともそうですが、帰化とは違い国籍がそのままでいいということもメリットの一つでしょう。活動制限がないためほとんどの職場で自由に働くことも出来ます。永住権をもっておけば信用もありますのでローンを組みやすくすることにもつながるのです。

更に永住許可を得ておけば永住者の配偶者や子もその許可を得やすくなるのでメリットづくめと言っても過言ではありません。

永住許可申請が出来る者

永住許可申請が出来る者は以下の者になります。

  • 外国人本人
  • 代理人
  • 申請取次者

弊所は取次行政書士がいるためこの三番目にあたります。本人や代理人の代わりに書類等の提出を行えますし、行政書士であれば書類作成等も行えますので非常に便利に活用できる事務所となっております。

永住許可の必要書類

  1. 申請書
  2. 証明写真
  3. 立証資料
  4. 在留カード
  5. 資格外活動許可書を提示
  6. パスポート又は在留資格証明書を提示
  7. 6が提示する事が出来ない場合はその理由書

以上になります。問題となるのは立証資料ではないでしょうか?弊所では入管から追加資料等の要求があっても対応は弊所ですることになっております。福岡で永住許可が取りたいけど、どんな書類を集めたらいいのか?どんな申請をしたらいいのか?分からない場合は弊所をご活用下さい。

永住許可と帰化との違い

似ているようで違うのがこの二つだと思いますが、一番大きな違いは帰化は日本国籍になり永住許可だとそうではないという点です。なので帰化さえすれば参政権も与えられることになりますし、在留に関する手続きは一切ありません。

福岡の永住許可申請は弊所へ

福岡で永住許可を取得したいと思われている方は是非弊所をご活用下さい。書類作成から書類申請など全て弊所が行います。

永住許可は在留資格の中でも比較的ハードルが高いとされています。その許可が無事おりるように全力でサポートします。お気軽にお問い合わせ下さい。