高度専門職ビザとは

高度人材に特化したビザ高度専門職は平成27年4月頃に新設されました。高度専門職ビザはポイント制を採用しており「高度学術研究活動」「高度専門・技術活動」「高度経営・管理活動」が対象になります。それぞれの特性に応じて、学歴、職歴、年収などの項目にポイントを設け70点に達した場合に優遇措置の対象となるようになっています。

高度専門職ビザの種類とメリット

高度専門職ビザの種類

高度専門職は1号と2号に分けることが出来ます。1号と2号の大きな違いは在留期間が2号の場合無期限になることでしょう。ちなみに1号は5年です。高度専門職2号になる為には、高度専門職1号で3年以上活動を行ったものが対象になります。

高度専門職のメリット

①許可外の活動もできる

一般的には許可を得た在留資格の中での活動しかできませんが、高度専門職ビザを取得出来た場合は複合的な在中活動を許容されます。また、2号に関しては就労資格のほぼすべての活動を許容されるため在留期間と同じくらいの大きなメリットがあると言えます。

②配偶者の就労

配偶者がフルタイムで働けるようになります。通常であれば家族滞在ビザなどを取得し資格外活動で28時間以内のバイトをする程度でしょう。しかし、高度専門職ビザの配偶者であれば特定活動ビザを申請しフルタイムで働けるのです。就労ビザを取得するときのように職歴や学歴要件が問われないのが一番大きなメリットでしょう。

③親を呼ぶことができる

これも非常に大きなメリットじゃないでしょうか?ただ、一定の条件があります。一つ例をあげると高度専門職ビザを持っている夫婦のどちらか一方の両親しか呼べません。

④永住許可要件の緩和

70点以上のポイントで高度外国人在として認められた場合は、永住許可に要する在留期間が5年から3年に短縮されます。80点以上のポイントで認められた場合は、5年から1年に短縮され大きなメリットがあります。

高度専門職ビザの申請方法

高度専門職として入国するための手続き

一般的なビザ申請と同じように在留資格認定証明書で申請することになりますが、申請の際に「ポイント計算書」も提出しなければなりません。ポイント計算書は自分で計算をし70点以上超える場合は、そのポイント計算書と一緒に疎明資料の提出が必要になります。

申請にあたり必要な資料

  • 在留資格認定申請書
  • 活動内容、期間、地位及び報酬を証する文書
  • 学歴、職歴を証する文書
  • 招へい機関の事業内容を明らかにする資料
  • ポイント計算書
  • ポイント計算の各項目の関する疎明資料

ポイントの合計が70点以上あることを疎明資料で確認できればいいとされており、例え74点あるとしてもその全てにおいて疎明する必要はありません。

福岡ビザサポートにお任せ

高度専門職ビザは他のビザとは若干違い戸惑うことが多いかと思います。特にポイント制なので、そのポイントを立証することが非常に重要になってきます。将来を見据えて少しでも点数が高い方がいいのは言うまでもありません。

一度申請してダメだった場合でも弊所は対応しております。福岡ビザサポートセンターが福岡を中心に九州付近の方であれば全てのビザ申請を包括的にサポートします。国家資格者である行政書士が在籍していますので安心して取次することが出来ます。

24時間365日いつでも問い合わせ可能ですのでお気軽にお申し付けください。