配偶者ビザから永住ビザに変えるメリット

配偶者ビザから永住ビザに変える場合大きなメリットは3つあります。「ビザ更新が不要になる」「ローンが組める」「離婚死別しても永住権はそのまま」です。考えたくありませんがもし日本人配偶者が浮気をして離婚するということになれば永住ビザに変えておけばよかったという事態に陥るかもしれません。何にせよ配偶者ビザより永住ビザのほうがいいに決まってますので変更できるのであれば変更したほうがいいでしょう。

配偶者ビザから永住ビザを取るための要件

通常の永住ビザを取得するには原則として10年以上日本に在留しておかなければなりません。なかなか長期間ですが永住するにはそのくらいの実績が必要ということですね。

しかし配偶者ビザですと日本に在留して1年以上たてば永住ビザを取得できる可能性が出てきます。日本人の配偶者というのはそれくらい信用があるということですね。ここから配偶者ビザから永住ビザへの切り替えの流れを見ていきましょう。

配偶者ビザを取得し更新する

配偶者ビザから永住ビザに切り替えるという話をしていますので配偶者ビザを取得しないと話になりません。日本人の配偶者であれば適用されることになっているのですが、念のために配偶者ビザを取得しておいたほうが間違いありません。というより、就労ビザより配偶者ビザなら就労制限もないので安心ですしね。

・実態の伴った婚姻生活が3年以上継続し、かつ、1年以上日本に在留している

注意する点は実態の伴ったという部分です。単身赴任で別居ということであればいいですが、浮気をされて現在別居中ということであれば問題です。永住ビザを取得というよりかは次回の配偶者ビザの更新も難しくなってきます。

・配偶者ビザの在留期間を見よう

在留期間は3年以上でないといけません。在留期間が1年というのはダメですので確認しておきましょう。配偶者ビザをとってすぐに3年を貰えることは少ないので必然的に婚姻生活は3年以上継続することになりますね。

納税等の公的義務の未払い延滞がない

年金や住民税などの未納はありませんか?会社員であればいいのですが自営業者だと未納があったりするかもしれません。永住権は直近3年分が見られますので直近3年が非常に大切になってきます。

一昔前であれば直近1年でいいと解されていましたが、ここ最近では直近3年が主流になりつつあります。

公衆衛生上の観点から有害になるおそれがないこと

感染症などがそれにあたるでしょう。最近では新型コロナが毎日のようにニュースになっていますね。そういった感染症に感染していないことが求められます。

罰金刑や懲役刑を受けていないこと

一度でも罰金あったらダメということではりません。例えば交通違反であれば3回くらいなら別に問題ないでしょう。ここに明確な基準はありませんので慎重に検討が必要です。

素行善良要件と独立生計要件は不要

法律上この二つの要件は不要になっていますが、これは配偶者ビザを取得する要件になってるからだと考えられます。要するに配偶者ビザでこの二つの要件はチェックしてるんだからという考えでしょう。

ただ、じゃあ夫婦ともどもニートになりましたというのでは不許可になるリスクがあります。滅茶苦茶なヤンキーになったり、何もしないニートになってしまうと永住ビザはとれないということですね。

永住ビザを申請するときの注意点

審査期間に気を付けよう

一応審査基準は4か月ですがもっと時間がかかると思っておいてください。入国管理局から内容の確認や追加資料を要求されるかもしれません。法定書類を提出したから終わりということではありませんので余裕を持っておきましょう

弊所に依頼して頂けるとこのあたりの対応も致します。

絶対にこれはするな!

嘘は絶対につかないでください。申請するときに嘘の書類を作成して提出したら終わりです。また、夫婦間が良好な関係でないといけません。永住ビザをとって離婚ということも有り得ますので入国管理局側もそれを危惧しているかもしれません。

福岡ビザサポートにお任せ

福岡で配偶者ビザから永住ビザに変更しようと考えているのであれば福岡ビザサポートにお任せ下さい。弊所には行政書士がしっかりと書類作成をし申請をします。こんな状況だけど大丈夫だろうか?これで申請してもいい?どんな不安で弊所は24時間365日問い合わせ可能です。